教育・人づくり

地域で子どもを育てる環境づくりの醸成。 子どもたちの心ケアのために、スクールカウンセラー相談体制の充実、学力向上と教員多忙化解消への取り組み、学校図書館の充実など子どもが元気に学べる環境づくりに努めます。「ふくしま生まれ」に誇りの持てる子どもたちが育つよう、地元学(故郷の歴史や地理)を推進します。

観光・農業立県

フルーツラインを充実させ、「ブランド化」します。これに飯坂、土湯、高湯温泉を融合させて「ふくしまの魅力と実の力」として全国に発信します。これで福島県が中高生の修学旅行先、海外からの留学先となる「観光立県」を目指します。

議会改革~議員の世襲を制限すべき~

議員は家業ではありません。議会への正常な民意の反映と幅広い人材確保のために「3親等以内の親族が同一選挙区から連続して立候補」を自粛する条例や議会決議を目指します。

福祉・医療の再構築

県民が等しく医療や福祉サービスを利用できる環境整備を目指します。医師や看護師などの医療従事者の確保と地域医療の担い手である介護士の育成や継続従事の実現に力を入れます。発達障がい児や認知症の方を支援する仕組みを充実させます。

原発ゼロ社会を目指して

県内全域の環境放射線モニタリングの継続と原発全基廃炉の実現、小水力や風力、バイオマス発電を発展させて、再生可能エネルギー先進県、原発ゼロの安全・安心な社会を目指します。

ひとり親家庭への支援

経済的に不安定な状況にある「ひとり親家庭」に対して、子どもたちへの学習支援、進路相談や健康管理を相談できる体制をつくります。