子どもの未来を守る

おおば秀樹が目指す政治は、
福島で生きていくことを決めた人が安心・安全に暮らせる環境を手に入れること。
政治が不安の種を作ることがあってはいけません。
私は、3つの安心を得るために働きます。
  • 安心して暮らせる安全な環境
  • 子どもの将来の安心
  • 親の将来の安心
全ての政策は、この3つ安心を得るために考えます。

一昨年、安保関連法が可決され、戦争に巻き込まれるという不安が生まれました。
これは国政の場でのみ考えることではありません。
地域からもできることがあるはず。
皆さんと一緒に福島から「子どもの未来を守る」ために活動して参ります。

復興は人づくりから。

かつて、東京は関東大震災から教育と人づくりで見事に復興しました。
福島も必ずそうなれると信じています。
  • 「再生可能エネルギー」
  • 「放射線に関する知識」
  • 「農業」
  • 「郷土史」
  • 「ロボット研究をはじめ、新しい産業を創出する技術」
これらを学ぶ場をつくることが必要です。
子どもたちに対する教育の充実こそが、新しい福島をつくるために一番大事なこと。
この想いを、県政で実現いたします。